検索
  • 島村恭則

2019 民俗学 サマー・セミナー を開催

このセミナーは、大学院生を中心とした若手研究者を主な対象に、「若手が主体となって、新しい民俗学をいかにつくっていくか」について考えることをめざして開催します。本センター教員による講演、民俗学を専攻する大学院生たちの研究実践報告が行なわれます。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


日時:2019年9月2日(月)10:30 ~19 : 00


場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス1405教室 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

​   大阪駅・梅田駅から徒歩約10分


全体テーマ:「民俗学をいかにつくるか」


プログラム


10 : 30 ~12:30

開設記念講演  

 講演1 島村恭則(関西学院大学教授) 「民俗学をいかにつくるか」  

 講演2 山 泰幸(関西学院大学教授) 「哲学カフェと民俗学」


13:30 ~ 19:00

若手シンポジウム「民俗学をいかにつくるか」


第1部 基調報告「民俗学をいかにつくるか」

 三隅貴史(関西学院大学大学院) 「批評とはどのような行為か」

 孫 嘉寧(関西学院大学大学院) 「理論とのつきあい方」

 宮澤早紀(佛教大学大学院) 「現在と向き合う」


第2部 研究実践報告「研究の現場から」

 倉田健太(総合研究大学院大学) 「行為から意識へ―新居浜太鼓祭りにおける喧嘩の変遷―」  

 雷 婷(東京大学大学院)   「ローカル芸術としての中国・金山農民画」

李 軒羽(関西学院大学大学院) 「中国の現代伝説―研究史を中心に―」

 坂元美咲(関西学院大学大学院) 「災害の記憶継承をめぐる民俗学的検討―福井地震(1948)を経験した永平寺町を事例に―」  

 市東真一(神奈川大学大学院)  「フィールドとの対話と発見―松本市街地での体験を通して―」  

 渡 勇輝(佛教大学大学院)   「日本における民俗学知の形成―大正期の「国民道徳」研究との関連から―」  

 山﨑 遼(立命館大学大学院)  「欧米現代民俗学の一例―スコットランドの少数民族トラベラーの研究―」

講評・総括  桑山敬己(関西学院大学教授)


19:30~21:30

第3部 若手交流会(懇親会)   

・第3部のみ事前申し込み制で、どなたでもお申込みいただけます。

・参加費4,000円程度(当日徴収)で、梅田周辺で実施の予定です。


参加申し込み: セミナーへのご参加については、事前の参加申込みは不要です。当日、直接会場へお越しください。

第3部「若手交流会(懇親会)」への参加についてのみ、事前申し込みが必要です。

若手交流会参加ご希望の方は、8月15日までに、tshimamura【アットマーク】kwansei.ac.jp までメールでご連絡ください(年齢等にかかわらず、どなたでもお申込みいただけます)。

お問い合わせ: 関西学院大学世界民俗学研究センター tshimamura【アットマーク】kwansei.ac.jp までメールにてお問い合わせください。




243回の閲覧

0798-54-6202(社会学部事務室)

©2019 by 世界民俗学研究センター The Center for World Folkloristics. Proudly created with Wix.com