検索
  • 島村恭則

蚌埠市博物館講演(2019年10月29日、安徽省蚌埠市)


世界民俗学研究センターの島村恭則センター長は、2019年10月29日、安徽省蚌埠市の蚌埠市博物館において、講演「治水をめぐる伝承と信仰―日本列島の事例―」を実施しました。

安徽省蚌埠市は、中国最古の王朝「夏」を創始した帝王、禹王に関わる遺跡が発掘された場所です。中国において禹王は治水英雄として知られており、今回の講演では、日中の学術・文化交流促進の観点から、日本にも存在する禹王に関する文化遺産(治水神として祭祀されている事例など)を紹介しつつ、治水をめぐる伝承・信仰の日中間の異同について解説しました。講演には、150名を超えるが蚌埠市民が集まり、講演後も活発な質疑応答が続きました。今回の講演にご招待くださった王吉懐先生(中国社会科学院考古研究所研究員)、蚌埠市博物館の皆さまに厚くお礼申し上げます。

8回の閲覧

0798-54-6202(社会学部事務室)

©2019 by 世界民俗学研究センター The Center for World Folkloristics. Proudly created with Wix.com